インシナー工業株式会社株式会社

0120-988-737

Laws and regulations焼却炉に関する法規制

廃棄物処理法

環境大臣が定める焼却の方法(廃棄物処理法施行令)

  • ①煙突の先端以外から、燃焼ガスが排出されないように焼却すること。
  • ②煙突の先端から、火炎または黒煙が排出されないように焼却すること。
  • ③煙突から、焼却灰および未燃物が飛散しないように焼却すること。

焼却設備の構造(廃棄物処理法施行規則H14.12.1施行)

  • ①空気取入口及び煙突の先端以外に、焼却設備内と外気とが接することなく、燃焼室においてガスの温度が発生するガス(燃焼ガス)の温度が800℃以上の状態で廃棄物を焼却できるものであること。
  • ②燃焼に必要な量の空気の通風が行われること。
  • ③燃焼室内において廃棄物が燃焼しているときに、燃焼室に廃棄物を投入する場合には、外気と遮断された状態で、定量ずつ廃棄物を燃焼室に投入することができるものであること。
    (ガス化燃焼方式その他構造上、やむを得ないと認められる場合を除く。)
  • ④燃焼室中の燃焼ガスの温度を測定するための装置が設けられていること。
  • ⑤燃焼ガスの温度を保つために必要な助燃装置が設けられていること。ただし、加熱することなく燃焼ガスの温度を保つことができる性状を有する廃棄物のみを焼却する焼却設備にあっては、この限りでない。

上記要件をクリアされていない焼却炉は、使用を禁止されており、罰則も定められております。

焼却炉規模別法規制

規模別適用 法規 届出不要 ダイオキシン類特別措置法 廃棄物処理法 大気汚染防止法
焼却能力
火床面積
火格子面積
廃プラスチック類
50kg/Hr  未満
0.5㎡   未満
    -

50kg/Hr  以上 届出
0.5㎡    以上
 届出
   
 -
200kg/Hr以上 許可
     -
2㎡以上 許可
100kg/日超 許可
200kg/Hr 届出
-
2㎡以上 届出

規制内容   ○ダイオキシン類濃度基準
排ガス 5ng-TEQ/㎥ N(*)
ダイオキシン類排出基準
ばいじん・灰 3ng/TEQ/g (処理基準として)
この数値を超えた場合は、3ng/TEQ/g以下
になるような中間処理が必要なります。
ばいじん 0.15g/㎥N
HCl   700mg/㎥N
Nox   250ppm
Sox   k値規制
測定義務 不 要 ダイオキシン類濃度 1回/年、作業環境測定 1回/6月 2回/年以上
届 出 不 要 届出義務。設置60日前までに都道府県知事に提出。

Copyright(C)インシナー工業株式会社 Co.,ltd. ALL Rights Reserved.